なぜ?手術を勧められた膝の痛みをきずな式整体で改善することができるのか?

こんにちは!

京都市北区の整体「きずな整体院」

「5年連続口コミKING認定整体院」 院長の奥田です。

今回のテーマは、

「なぜ?手術を勧められた膝の痛みをきずな式整体で改善することができるのか?」

 

膝を痛め、病院では内側側副靭帯の損傷と診断され手術を勧められたが手術は怖いというあなた、

 

もう安心してください!

 

当院ではあなたのように膝を痛め、病院で手術を勧められていた方が来院され手術をせずに改善された方がいますので

 

是非、その方の声を希望をもって読んでみてください(^^ゞ

 

M.Aさん 48歳 女性

 

テニスプレー中に膝を痛めました。

 

整形外科で左膝内側副靭帯損傷と言われ、手術を勧められていました。

 

手術はしたく無かったし鎮痛剤を飲み続ける事にも抵抗があり、

 

インターネットで検索したらこちらに辿りつきました。

 

一度目のちりょうで痛かった膝が楽に曲げられるようになり、

 

回数を重ねる度に日常生活が苦痛では無くなってきました。

 

病院でもらったシップも鎮痛剤も今は必要無くなりました。

 

膝だけではなく色々なアドバイスを頂けて、

 

精神的にも支えて貰っている様に思い有難いです。

 

2f89aea4d8782d713f048bdd1b9e17a2-640x905

M.Aさんありがとうございました。

 

手術を勧められるほどの膝の痛みが改善できて本当に良かったです。

 

これからも楽しくテニスができるように頑張りましょうね♪

 

ではなぜ?M.Aさんのように病院で内側側副靭帯の損傷と診断され、

 

手術を勧められるほどの膝の痛みが当院で改善できたのか?

 

それは、膝の痛みの原因が膝以外にもあったからです。

 

M.Aさんの場合はその膝以外にある原因を整えることで劇的に改善しました。

 

そのある部分というのが

 

「腎臓」の疲労です。

 

M.Aさんは普段テニスで身体を動かしているのに

 

水分をとる習慣がありませんでした。

 

そのため腎臓が疲労し筋肉が硬くなりやすくなっていました。

 

だからM.Aさんの膝の痛みを改善するためにはまず、

 

腎臓の疲労を和らげる必要がありました。

 

きずな式整体の内臓調整により腎臓の疲労を取り

 

筋肉を緩めることにより改善していきました。

 

このようなアプローチ法を知っていることが当院の強みです。

 

だからもしあなたが、

 

病院で手術を勧められるほどの膝の痛みで、

 

手術をせずに改善したいという思いがありましたら今すぐお電話ください

 

あなたのご来院、心よりお待ちしております(^^♪

 

京都市北区の整体「きずな整体院」

「5年連続口コミKING認定整体院」 院長 奥田

膝の痛みについて詳しくはこちら

膝の痛み

膝の痛みに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加