脊柱管狭窄症

今、あなたはこんな症状に苦しんでいませんか?

 

  • 1、2分歩くとお尻や足がしびれる
  • 少しの時間しか立ったり、歩いたりできない
  • 少し歩くと痛むのですぐにしゃがみ込んでしまう
  • 夜、寝ているとお尻や太ももが引っ張られるように痛む
  • 手術をすすめられるが、手術はしたくない

 

もし、「私のことだ!」というものがあれば、ぜひ最後まで読み進めて下さい。

なぜ、あなたの”脊柱管狭窄症”は改善しないのか?

それは、電気やけん引やマッサージをしているからです。

 

きっと脊柱管狭窄症でお悩みの方は整形で電気やけん引、もしくは痛み止めの注射なんかを打たれてきたのではないでしょうか?

それでも改善されていない場合に手術をすすめられたりしますよね。

 

もしくは、整骨院や整体院で患部にマッサージや電気を当てられる、また骨盤をボキボキされたりしていませんか?

 

 

 

上記のことはすべて症状の患部を追いかける対処療法になります。

 

脊柱管狭窄症の痺れや痛みで悩んでの原因は患部にないことが多いため患部周辺だけを施術しても改善しないケースが非常に多いのです。

 

脊柱管狭窄症を改善するためにはまず脊柱管狭窄症の原因を特定し、その原因に応じて処置していかないと症状は改善されません。

 

症状によっては対処療法でよくなるものもありますが、比較的症状が軽いケースが多いんです。

 

対処療法とは、

 

例えば頭痛というのは”頭が痛い”という信号が発せられます。だから痛みを感じるわけですね。

 

対処療法(頭痛薬)とは、この信号を消してくれるのです。

 

「痛みを消してくれるのならいいじゃん♪」

 

と一見良さそうに聞こえますが、ではなぜ身体はこの”痛い”という信号を出したのか?

 

この問題に関しては無視しているということになるのです。

 

 

”脊柱管狭窄症”の原因はなんなのでしょうか?

ゆがみや内臓疲労からと体液循環が悪くなっているためです。

 

脊柱管狭窄症が起こる原因は様々です。

 

①骨格のゆがみ

腰や骨盤のゆがみは当然ですが、首、肩、背骨、股関節、大腿骨、膝、足首などのバランスを診ていかないといけません。

 

②内臓疲労

ストレス、働き過ぎ、食べ過ぎ、飲み過ぎ、冷え、ホルモンバランスなどから内臓は疲労します。

 

③脳疲労

ストレス、感情、自律神経などが脳を疲労させます。

 

これらの原因から血液、リンパ液、脳脊髄液という体液の循環が悪くなり、いつまでたっても脊柱管狭窄症の痛みが改善しないということが起こります。

 

そして、これを改善していくことを根本療法といいます。

 

では、なぜ当院の施術で”脊柱管狭窄症”が改善するのか?

独自の検査で症状の本当の原因を見つけ出すからです。

当院ではカウンセリングの際に非常に細かく全身を検査していきます。

(ゆがみ検査、可動域検査、内臓検査、ストレス検査、筋力検査)

 

 

この検査を細かくおこなうことにより、病院などの画像検査と血液検査ではわからない、もしくは足りなかった症状の”本当の原因”が見つかります。

そしてソフトな施術で、安全かつ確実に全身の調整をおこないます。

 

 

こうすることで、多くの”脊柱管狭窄症”をお持ちの方が

「驚くほど」改善しているのです。

 

もし、あなたが”脊柱管狭窄症”でお悩みであれば、ぜひ一度相談しにきてください。

きずな整体院だけで受けられる「心身循環整体」施術

  • 体液の循環不良の原因である”筋骨格”のバランス
  • ホルモンバランス、免疫と関わる”内臓”疲労のバランス
  • ストレス、自律神経の乱れ、感情といった”脳”の機能のバランス

これら3つのバランスを取る『心身循環整体』は人間が本来もっている自然治癒力を引き上げ、また最短での改善を目指すため痛みや不調の患部の施術も併せて行います。

施術は多くの場合、驚くほどソフトに行います。

 

「こんな施術で楽になるの?」
「痛いところと関係のない場所を触られてるけど楽になってる!」

このような感想をいただく事が多いです。

※ お身体の状態によっては、多少痛みをともなう施術を行う場合もあります。

  1. プロの施術家を教える”確かな技術力”
  2. 国内最大級の2つの口コミサイトで地域第1位の評価
  3. あらゆる症状に対応できる独自の整体法